THREE TIME

時計修理・時計オーバーホール・オメガ修理・掛け時計修理・置き時計修理・腕時計修理は東京都スリータイムにお任せ ください。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

高級腕時計を購入すると、サポートとして時計修理やオーバーホールが用意されていることを知らされます。一見するとどちらも同じようなサポートに見えるかもしれませんが、実際には大きな違いがあるので注意するようにしてください。それぞれの違いをよく知った上で、適切に利用することで高級腕時計の寿命を延ばすようにしましょう。まず時計修理とは、壊れるなどして不具合が生じた腕時計を直すサービスのことをいいます。例えば腕時計の針がスムーズに動かなくなってしまったり、竜頭の部分が回転しない、ベルトが切れてしまったといったものも修理の対象です。簡単にまとめると、壊れるなどして購入時の状態から機能や性能が低下してしまったときに、元の状態に取り戻してもらうために利用するサービスと言えるでしょう。一方でオーバーホールとは、腕時計自体は特に壊れていないものの、分解して内部をチェックすることでメンテナンスを行うことをいいます。このサービスではどのようなチェックを行うかがあらかじめ決められており、全てを行うことで製品の状態が正常に保たれていることを確認します。腕時計修理とオーバーホールを比べるとこのような違いがあります。前者が壊れたときに利用するサービスであるのに対し、後者は壊れていなくても利用することがあるサービスと言えるでしょう。このように聞くと、腕時計修理の存在価値はわかるものの、オーバーホールに意味はあるのだろうかと疑問を持つ人もいるかもしれません。確かに壊れていないにもかかわらずお店に持ち込み、それなりのお金を支払って預けることになるのでは無駄なサービスに感じることでしょう。しかし実際にはオーバーホールは腕時計修理と同様にとても意味があるサービスです。なぜならばこれを定期的に利用することで、大きなトラブルを防ぐ効果があるからです。トラブルになりやすそうな箇所をあらかじめチェックしておくことができますから、故障が起こるのを防ぎ、事前予防につながります。問題なく使うことができている腕時計でも、長く使いたいのであればオーバーホールを定期的に利用することをお勧めします。
Tagged on: ,THREE TIME