西船橋こやまウィメンズクリニック

西船橋こやまウィメンズクリニックは千葉県船橋市にある産婦人科です。一般不妊治療から体外受精や顕微授精などの高度生殖補助医療を専門としたクリニックです。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不妊治療というイメージは、男性には想像できないかもしれませんが、ひと昔前までは、女性側に問題があるようにいわれていました。今は、男性側にも問題がある可能性が否定できないため、夫婦揃っての検査が行われています。医学の進歩も凄まじさがありますが、まだまだ不妊治療においては、年齢的問題が大きく関与しているために、赤ちゃんのタネが子宮に定着するまでには至らないこともあります。それでも、産婦人科などでも、『赤ちゃんができない』といった悩み相談室も設けるなど、その対策が急がれています。早く治療を受けることにより、それだけ母胎(子宮)に負担もかかりません。何より、晩婚化していることから、女性の初産の年齢そのものも30代後半、というケースも少なくありません。しかし、衰えや老いは女性にとっては深刻な問題で、不妊治療の妨げの代表でもあります。それでも、専門の医療機関においては、遺伝子スクリーニングや卵子凍結、このような不妊の悩みを少しでも解消できる検査、治療、アフターフォローまで一貫して行ってくれます。第一に、まずは、タイミング療法を実行することになります。いわゆる、妊娠しやすい時期を予想し、ピンポイントで性行為を行うことです。そのためには、女性は基礎体温をしっかり測っておきましょう。不妊の可能性は、誰しもが同じパーセンテージではありません。しかし、赤ちゃんができにくい確率が高くとも、決して諦めないことも大事だということを専門医も伝えていますし、スピリチュアルな内容ですが、できる暗示をかけることにより、何度も流産を繰り返してきて、今度で最後の治療にしていた夫婦に、待望のおしるしがあった実話もあります。これまでと明らかに違ったのが、『できるおまじない』だったようです。これらは、まだまだ研究中であるようです。ですが、不妊の悩みには、カウンセラーがしっかりサポートしてくれます。カウンセラーによる励み、労りなどによって安堵する、そうした夫婦もいらっしゃいます。治療は決して痛みがないワケではありません。心にも、身体にもキズがつく可能性も否定できないため、夫婦揃っての治療を進めるのがベストです。
Tagged on: ,西船橋こやまウィメンズクリニック