[Pao@Office] ソフトウエア設計・開発・販売

Excel・Wordのバーコード作成ツールならBarcode.Office。Office 製品に限らずブラウザ等多くのアプリケーションからバーコードを作成することが可能です。まずはBarcode.Office をダウンロードしてお試しください。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

多くの企業では、業務効率に関するニーズを抱えています。業務効率は、売上数字にも大きく関わってくるからです。業務効率があまり良くないと売上数字が伸び悩んでしまう事もありますが、バーコードによって解消できるケースもあります。そもそも企業には生産活動に関する数字があります。商品の売り上げデータもその1つです。例えばある商品の販売単価は3000円だとします。それを100個販売できた時には、30万円分の売り上げになる訳です。ところが販売数は、必ずしも100になるとは限りません。状況によっては30や50など、数字が伸び悩んでしまう事もあります。その販売個数に大きく関わってくるのは、業務効率です。効率良く業務を行っていれば、100個販売する事も十分可能ではあります。しかし業務効率があまり良くないと、30前後にとどまってしまう事もあります。ですから経営者の方々は、その数字を伸ばしたいというニーズを抱えている事も多いです。どうすれば業務を効率化できるかというと、冒頭でも触れたバーコードという方法があります。店舗によっては、手入力するレジを採用していることがあります。商品の値段を1つ1つレジで打ち込んで、レジ業務を行っているお店も今なお多いです。しかしレジで手入力するのは、業務効率が悪くなってしまうケースが多々あります。手入力ですと、ミスが生じてしまうケースもありますから、かえって時間がかかってしまう事も多いです。それに対してバーコードの場合は、商品のデータを正確に読み取ってくれます。コンビニが採用しているバーコード読み取り用のセンサーも、その1つです。ですからバーコードを採用しておく方が、業務効率が高まるケースも多いです。また手入力するよりは、バーコードを読み取る方が時間短縮できるケースもあります。手入力ですと3分ぐらいかかる時でも、バーコードなら2分ぐらいで完了する事も多いです。ですから多くのお店ではバーコード導入を前向きに検討しています。
Tagged on: ,[Pao@Office] ソフトウエア設計・開発・販売