明大前アートクリニック

明大前アートクリニックは杉並区の京王線明大前駅より徒歩5分にある不妊治療専門クリニックです。タイミング法や人工授精などの一般不妊の方から体外受精・顕微授精、男性不妊も行っています。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不妊症というと女性だけのイメージを持つ人もいますが、意外と男性の不妊症も多いといわれています。そもそも不妊症の定義とは、避妊しない性行為によって少なくとも1年以上経っても妊娠しないケースを指します。妊娠を希望するカップのうち、約15%は不妊症といわれています。不妊症のうち、男女ともに原因があるケースが約25%、女性のみの原因があるケースが約40%、男性のみに原因があるケースが約25%、原因不明が約10%というデータがあります。つまり不妊症でも、男性が原因となっているケースが約半数あり、決して珍しいわけではありません。男性が不妊症となる原因としては、精子をたくさん作ることができない精子形成障害、精子が通れない精路通過障害などが挙げられます。また、性行為そのものができない性機能障害も不妊症の原因とされています。これらの原因のうち約82%が造精機能障害、約4%が精路通過障害、約14%が性機能障害となっています。一般に女性は年齢が上がっていると妊娠しづらいといわれていますが、男性も同じであり、年齢が上がるほど元気な精子の数が減ってきます。特に最近は晩婚化がすすんでいる影響からか、結婚する前から精子の状態が良くないというケースもあるようです。ところで生活習慣病があると、精巣の働きが悪くなるといわれています。そのため、男性の不妊症を予防するためには、生活習慣病を予防する必要があります。メタボリック対策のためにもウォーキングなどの軽めの運動を継続することが肝心です。また精子の状態を良くするためには、ホルモン環境を整えることが重要です。そのためには、しっかりと栄養を摂って十分な睡眠を心がけることが肝要です。1日3食規則正しく摂ることは基本ですが、その中でも牡蠣やピーナッツなど亜鉛を多く含む食品や、抗酸化作用があるビタミンCやビタミンEを積極的に摂ると良いです。決まった時間に寝て、起きる睡眠習慣を身につけるようにします。さらに飲酒や喫煙は精子を作る力を落とすという報告があるため、禁酒や禁煙が推奨されます。
Tagged on: ,明大前アートクリニック