個別指導学習塾Wam


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

一口に塾と言っても、一度に指導する生徒の数により、集団塾と個別指導塾に大別できます。「個別指導」と聞くと、生徒1人につき1人の先生が指導するイメージがあるかもしれません。確かにそうした家庭教師に近いタイプの個別指導塾もあります。ただ実際には2~3人以下の生徒を一度に指導する塾も含めて、「個別指導塾」と呼んでいます。一方、集団塾の生徒数は様々で、少人数制でも10人以上の生徒がいるのが普通ですし、広い教室に大勢の生徒を集めて教える大人数制の所もあります。尚、集団塾でのクラス分けは、学力や志望校によって行われるのが普通です。個別指導塾の長所は、生徒一人一人に適したきめ細かな指導を出来ることでしょう。オーダーメイドのカリキュラムの下、習熟度に合わせて授業を進められる上、疑問点があればその場で質問ができます。こうしたマンツーマン指導だと、特に生徒と教師の相性が大切になりますが、多くの個別指導塾では講師を選べるシステムになっています。このタイプの塾は苦手な箇所を克服したい場合や、クラブ活動などとの両立できるスケジュールを組みたい生徒に向いているでしょう。また大勢の友達の前で質問するのが苦手など、人見知りしやすい性格の子供でも受講しやすいと言われます。短所は集団塾に比べて講習費が高くつくことです。また周囲に競争相手がいないため、刺激を受けにくいのが欠点だとも言われています。これが一度に何人も受講する集団塾なら月謝も安く抑えられるし、競い合う仲間と学習できるでしょう。負けん気が強い子供なら、個別指導よりモチベーションを高めやすい集団塾の方が伸びると思われます。一方で、集団塾では決まったカリキュラムの下で授業を進めていくので、そのペースに付いていけない生徒も出てくるかもしれません。尚、個別や集団といった指導形態に関わらず、無料体験レッスンを受けられる塾が多いので、入塾前に教室内の雰囲気を掴んでおくのが良いでしょう。
Tagged on: ,個別指導学習塾Wam